まわり道でも、道にかわりないから・・・ 情熱☆JUMP

~高木雄也くんへのエールと、打たれ弱い(?)母さんのツブヤキ~
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPたかちねゴト ≫ Y's Journey 2日目②

Y's Journey 2日目②



ナレ<パリからおよそ、1時間40分、まずは最初の乗り換え駅ルーアン着>

AM7:50  ルーアン駅

ホームに降り立つ2人

侑李「とーちゃくー!」 ゆーや「はいっ!到着!」ぴょんと、ホームへ飛び降りた兄。
ゆーや「ゴホッゴホッ!寒いね~。」だから、襟閉じてスカーフ巻こうか・・・。
辺りを見まわしつつ、
侑李「いや~、冷えてるね~こっちは。」  ゆーや「やっとだよ~。」
カメラさん「ムフフ」(笑)

気温15℃

ゆーや「なんか、なんかね~、看板とかないの?せっかく来たんだから。」
侑李「ルーアン看板とかね。」 ありました~!看板の前で、記念撮影。


ナレ<ちなみに、次の乗り換えまでは・・・>ルーアン着7:50 ルーアン発10:01


侑李「2時間」   ゆーや「だいたい2時間ぐらい・・・」
目を輝かせる侑李「朝食、食べて・・・」キラキラお目目。 ゆーや「朝食、食べて(笑)」
侑李「ルーアンを観光して・・・」ニコニコ、兄貴~って顔。
ゆーや「観光・・・(笑)・・する場所あるかな(笑)」 侑李「分かんない(苦笑)」

駅を出る2人。

ナレ<見知らぬ駅で、情報ゼロのままブラついてみる>

侑李「さ~む~っ!寒い・・・。」 しかし、しっかり着込んでいる弟
ゆーや「・・・・・・・・。でも、すごいオシャレ!」
七分袖から出ているウデを抱きしめつつ、見まわす兄。
シャツ閉めてスカーフを弟のように巻けば・・・ってか上着はどこ???(笑)
しかし・・・、目は輝いてます。

ナレ<すると!>

ゆーや「見て 知念!何かある!」  侑李「なんか、タワーある・・・。」
ゆーや「タワーがある!あれ、とお、遠いのかなあ?」

ナレ<ルーアン・・・・、通称100の鐘楼を持つ街2人が発見したのは、
                     街のシンボル『ノートル・ダム大聖堂』>

ゆーや「絶対遠いよ!」   侑李「そうかな~?」  ゆーや「おお。絶対遠いよ。」
侑李「時間が無さそうだったら、戻ってこよう。」

地図も見ず、街の中からチラリと垣間見える大聖堂の尖端を目指し、歩く2人。

ゆーや「見えないんだけど、どこだよ!」侑李「ええ~っ??」
「あっちだ!」「ええ~っ?」「こっちだ!」「こっちじゃなかったっけ?」

ゆーや「不思議。」  (笑)迷い迷い迷う2人・・・。

と・・・、街角で「兄」の足が止まる!「うわ、何これ!!めっちゃいい匂いする~!」
侑李「ホントだ!いい匂いする。」   ゆーや「パン!!」  
どうやら、反対側の道ぞいにあるパン屋さんから・・・。
厨房のドアが開いていて、そこから美味しそうな匂いが流れている様子。

ナレ<匂いにつられて、近づく・・・> お店ではなく、厨房を横から覗きこむ2人。

お店の方「ボンジュール!」にっこり('-^*)/   ゆーや・侑李「ボンジュール!!」
お店の方「何か撮ってるの?こいつはパンの王様だよ。」

ニコニコと、まだ生地の状態のパンを並べて、焼く作業しています。

侑李「買ってく?」  ゆーや「うん。匂いが良すぎる~。」
いそいそ、お店の方へ回りこむ2人。 嬉しそう(≡^∇^≡)

ふと、ドアノブに目を止める侑李・・・・「クロワッサンだ~!(笑)」
ノブが・・・クロワッサンの形です。
ゆーや「シャレてんな~~~っ!細かいところまで!」ニッコニコ(≧▽≦)

このあたりで、テンション↑↑↑の2人。

侑李「超!いい匂いする~」ほわほわで、ふにゃふにゃの顔。
ゆーや「めっちゃ!ウマそう!」零れる笑みが抑えきれない兄。ヨダレたれそう・・・。

侑李「お勧めのパンは何ですか?」

イキナリ買わずに、アプリに吹き込む弟。パンフで調べるフリして待つ兄(笑)。

お店の方「これよ、ラ・クロキーズっていうの」 
ラ・クロキーズ・・・・1ユーロ1セント(約99円)細くて小さめのバケットです。

2人で1本買い求め、さっそく・・・・店を出てすぐに、ご賞味の2人。
ちゃ~~んと!先に弟に勧める兄(手には、先にちぎって持ってたけど)(笑)

侑李「うわ!おいひい~!」 ゆーや「うめ~~っ!」ほおばりすぎて、口からはみ出す。
上向いてモゴモゴ、きゃ~~ん♡♡♡のど仏が~~~アップ!!!血管みえそう(笑)。

ゆーや「シンプルに、パンのおいしさが出てる、ものすごい。」
侑李「こんなシンプルなパンが、こんなにおいひいとは」ムシャムシャ( ´艸`)。

食べながら歩きだし、再び目標を探し出す。
サン・トゥアン教会という、ノートル・ダム大聖堂とは、大きさも異なる寺院など、
パニくりながら、さ迷いますが、どうにかこうにかたどり着いた2人・・・。

<歩く事1時間>

ゆーや「すげ~」 侑李「お~。」 ゆーや「これがそうか」 侑李「すごい大きいな」
一部修復の為、白い幕が張ってありますが、大聖堂を見上げて話す2人。

侑李「すごい大きいな」   ゆーや「は~は~、来られたね」
侑李「ルーアンの目標が達成できた感じが・・・」感慨深げにジーット見上げる侑李。

ゆーや「なんだろう、この疲れきった感じ・・・ふふっ(笑)」 下向いて笑うゆーや。(笑)

カメラさん「フハハハ!(笑)」

ここで、大聖堂の歴史、素晴らしさ、逸話などが説明されますが、
2人は知らないと思うので割愛。

で・・・・、大聖堂の前で、お決まりになりつつある「記念撮影会」(笑)。
ゆーや「デカすぎて入らない!!(汗)」  カメラさん「プハハハハ!(笑)」
しっかり、弟を入れて写してさしあげる、優しい兄・・・・。
侑李「よし!」
ごくごく、 当たり前のように侑李にカメラをバトンタッチする「俺の番」的な、ゆーや。   
侑李「じゃ、行くか!」

ナレ<と・・・・、知念のとぼけも聞き逃すほど、
                   高木は撮られたい願望、真っ盛りで・・・、>

なーんも、返事せず、スタスタ大聖堂前に立ち、スカーフを使いポージング決めるゆーや。
侑李「パシャッ!」出発しようとする、侑李。 
ゆーや「ちょっと、待って!(汗)」 カメラを確認した、ゆーや、慌てる!!

ゆーや「俺の写真、撮ってないんだけど!塔の写真なんだけど!信じらんない・・・」

侑李は、大聖堂の高い塔の部分だけを撮影してました・・・(笑)。

カメラさん「ヒャハハハハ(笑)!」
2人で仲良く納まった写真は、ちゃんと、カメラさんが撮影してくれてます。

さー、ギャラリー無しの撮影会も終了し、時間を確認。

ヤバ~~~っ!!10:01分発でしょ?今・・・・・、9:35分なんです。
侑李「あと、30分も無い。」 ゆーや「ふへっ!やばいよ!」(笑)

1時間歩いて来たのに、走っても間に合うかどうか!!

ゆーや「これ 乗れなかったら終わり。今日終わる!」街の中を走りだす2人!!

ゆーや「どっちだよおーーー!?(困)」 侑李「ゆーや真っ直ぐ行こう!真っ直ぐ!」

重そうなリュックを背負ったまま走る2人「あった!駅だ!」



<今日のツブヤキ>
発車まで20分、走ってもギリ!!果たして間に合うのか!?
続きに、ルーアン看板と、パンを片手にパリジャンな黒シャツ雄也を・・・。



いつも拍手ありがとうございます!コメントもいただけると、嬉しいです。
励みになります


201210091358001.jpg
201210092306000.jpg
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL