まわり道でも、道にかわりないから・・・ 情熱☆JUMP

~高木雄也くんへのエールと、打たれ弱い(?)母さんのツブヤキ~
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPJUMP事 ≫ W誌と、だいぺ

W誌と、だいぺ

「大ぺ」UPされました~!

大ちゃんらしい、ハプニングが起きたみたいですね~(笑)。

雑誌の取材で、薮ちゃんの話しをしていたら、ポケットに入って

た携帯が誤動作を起こし、数ある中から偶然にも薮ちゃんへと

発信。そして、薮ちゃんの話しをしている大ちゃんのコメントが

薮ちゃんの留守電に記録されてしまったという事で・・・。

取材中に薮ちゃんから、

「誰と俺の話しをしてるの?俺の留守電に入ってるんだけど」

って、電話がきたと・・・。

すごいね~、これを何と言う?ある意味、キセキです(笑)。

続いて、W誌。ビジュはね~、
甘い瞳の秋めいた雄也ですよ・・・。待ち受けにピッタリのね。

記事で、面白かった、髙木の「ややこしい」ところ

有岡「オレらが思っていても口に出せないこと、全部キレイに
   言ってくれるからスッキリする(笑)。まえにも話したけど、
   振り付けやりながら、あ~、ダメだ!これダメなヤツだ!
   最近、全部ダメだ!とか(笑)。みんなそうだよ、大丈夫だ
   よっていう気持ちになるんだよ。」

薮「あと、髙木はね、今日、香水を変えた!」

髙木「・・え?たしかに変えた!」

薮「(最高のドヤ顔で)会った瞬間に気づいたよ。やべー、
                女子力アップしちゃった!」

一同「・・・・・・・・・・」

薮「ステージドリンクとか、オレの分もいっつも持ってきて
  くれるし。あと「ありがとう~」の大ちゃんの
  ”thank s!”  のところで、オレ、いつもうしろで
  替え歌で遊んでるんだけど、つきあってくれるし」

髙木「そう!薮くん、オレの耳元で”チョリーッス!”
                とか言ってくるの(笑)」

有岡「それでか。たまに”thank s!”って言った直後、
   オレのうしろから、髙木のガッハッハッハ・・って
       笑い声が、聞こえてくることがあるんだけど」

八乙女「髙木ってそういう相手だよね。まえも「OVER」の
    アクセントダンス部分で、なぜかオレの手を握る・・・
                という行動に出てきた(笑)」

髙木「ちょうどいいところに、光くんの手があるんだもん(笑)」

ワタシ「やっほーーー!!」(混ざりたくなった←蹴)

それから、「JuicyJUMP」

「好きな女の子近づいてくる距離。
            どのくらいまで平然としていられる?」

ゆーやんは、17cmでした。ちなみに女の子役は伊野ちゃん。

記事「何だったら触れるよ(笑)!と、伊野尾ちゃん相手にうしろ
   から抱き着こうとふざけていた髙木。伊野尾ちゃんも
                  まんざらではない様子。」

       何なんだったらって、なんだよ~~!!



<今日のツブヤキ>
ちなみに、イチバン距離が近かったのは知念くん。
13.5cmでした。
でも、ゆーやんみたいにエロオヤジじゃないから!!
え、なんで、イライラするのかな?(笑)



いつも拍手ありがとうございます
コメントもいただけると、とても嬉しいです
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL