まわり道でも、道にかわりないから・・・ 情熱☆JUMP

~高木雄也くんへのエールと、打たれ弱い(?)母さんのツブヤキ~
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP髙木 雄也 ≫ 明日こそ~♪

明日こそ~♪

こんばんは☆

まず最初に~、「むむむ~っ」て思ってる事を。

MUSIC JAPANとか、Hey!×3の2時間スペシャルとか、
いろんな音楽番組に、JUMPも出して欲しい~!
最近、出演グループが偏りすぎなんじゃないかと、
さすがに思ったりする。

でも、29日はNHK「家族で選ぶ日本の歌」だよね(^_-)-☆
もうすぐ、久々のJUMP揃った姿が観れるよお~♡
みなさん予約は、ばっちりですか~?ワタシも、確認しとこ。

次に、

昨日か今日、DMATの打ち上げパーティーがあったみたい
なのですが、大倉君も、ゆーやんも主席したのかな~?
事務所的にNGなのかな?でも、大倉君は主役だし、
きっと出たよね~(*^^)vお疲れさまでした。

あと、原作者の菊池さんがお礼にって描いたイラスト、
「ゆーやん小松」バージョン、似てた~(笑)


今日は祭日だったから、
アチコチお出かけされた方も多いよね。

我が家は、ホッペの空手の昇段審査会で、
ずーっと、小学校の体育館にいました。身体が冷え切ったよ~。
ものすごく寒くて、春物の上着で行ってしまってブルブル・・・。
3月って、ホントに何を着たらいいか分かんない・・・。

夕方やっと終わって、夕飯はしゃぶしゃぶ食べ放題に行きたい!
と、men'sが言うので、「豚しゃぶ専門ならOK!」という事で、
楽に済ませちゃいました~。(*^_^*)

帰ってきて、録画しておいた少年倶楽部PREMIUMの
再放送を観ました。8年間司会を務めていた国分太一くんが、
今月で卒業という事で、次は、KAT-TUNが司会をするんだって~。

ラストは、太一君がゲスト(笑)

「平家派」の他のメンバーが集まって思い出話をしたり、
久々に踊ったり、歌ったり、楽しそうでした。

印象に残ったトークがあって、ちょっと残しておきます。

TOKIOでだんだん、バラエティーが増えてきた時期、
某・ロング冠番組で、反抗心から一時期みんな髪が長かったとか(笑)

それから、曲もポップな感じのものになってきて、
これは「自分達がやりたい曲」とは違うって、思いが強くなって、

みんなで松岡くんちに集合して、リーダー曰く「俺とオマエ」の
口調で、話し合ったとか。「誰も裏切るなよ!」って、
結束を固めて、翌日、事務所にみんなで行って、訴えたのね。

「俺達、もっとロックな曲でメッセージ性のある曲がやりたい!」って。

事務所からの返事が・・・

「じゃあ、いまやってる仕事ぜんぶやめなさい。」

「ロックなら、渋谷の路上でだって歌えるよ」

「ぜんぶやめてやるならいいんじゃない」

って。

リーダーが「いきなりバッサリやられて焦ったわ~」

そこで「ちょっと、無責任やったかな~」「あかんなあ」
って思い直したとか。


そして、「ぐるナイ」。太一くんが1人でバラエティーに
出るようになった時期、その頃、TOKIO内では、
「ドラマ班」「バラエティー班」って自然と分かれてきてて、
自分はバラエティー班の方を頑張んなきゃ!
って思ってたらしい。

でも、最初は「間が悪いよ!」とか、
番組終わってから、岡村君から本気で怒られたりしてて、
楽しいって思えるようになったのは、
2、3年経ってからだったとか。

東山くんも出て、面白エピソードが聞けました。

事務所の寮を出なきゃいけなくなった、太一君と山口君。
寮を出て、一時期、東山君のところに居候してたんだって(笑)

これは、TV誌だったか松岡くんが話してた記事なんだけど

山口君が1人暮らしをしてた頃、部屋によくよんでくれて、
(なんにもない部屋だったな~)ご飯を食べさせてくれて、
海水浴にも連れて行ってくれた事がある。
イノッチも呼んだら、ノリノリで来て(確か、海パン姿で現れた?)
二人ではしゃぎすぎて、山口君に怒られたっけ(笑)

今は、松岡くんが後輩をご飯に連れて行ったりしてるって。
ぜひ、JUMPも誘って欲しいって記者の方が言ったら、

松岡くん「OK!若いから、肉がいいかな~?」
って、返事してた。
自分がして貰って嬉しかったことって、受け継がれていくんだね。

そして、話は戻り・・・、
太一君は現在39歳。今年でいよいよ40歳になります。

リーダーが「40代もええーでー!」って(笑)

デビューしてから約20年。
この年齢になって初めて明かされるエピソードもあるんだよね。

最後に、スタッフさんへのお礼を言いながら、
ふいに、ググーーッと涙がこみ上げていた太一君。
後でリーダーが、ハンカチをそっと渡してた。
山口君もなにげに、うるんでいたような。
観ていて、40代男子(?)に癒されてしまった(笑)

JUMP結成20年とか、どんな感じなんだろう。
これ以上、仲良くなったらどうなっちゃうんだろうね。

そして、どんなエピソードが飛びだすのかな?

「少年倶楽部PREMIUM」それまで続いててほしい!



PS・覚書っぽくてすいません。
  観た方、補足お願いします(^^ゞ







<今日のツブヤキ>
明日こそ「Myojo」を、この手にして、じっくり読むね~。
それから感想を書きます(*^^)v






いつも拍手ありがとう!
コメントも嬉しいです、ありがとう
スポンサーサイト

Comment

編集
私も見ましたよ。『少クラプレミアム』・・・よかった・・・・私はその頃は少年隊に夢中で『平家派』はあまり知らなかったな・・・今もそうだけどジュニアのユニットがそのままってあまりなくて、ネーミングは、そのままでも、人が入れ替わるって、しょっちゅうだから・・・ただ私が1つだけ驚いたことがこの時期にあったんですよ。『TOKIO』はデビュー前から既存のグループでした。その時は長瀬くんはサポートメンバー(こういう呼ばれ方でした)だったの・・・個人の仕事でTOKIOに参加できない人の変わりにグループの活動に加わっていた。でもだんだん人気がでてきてた。そしていよいよデビューするってことでメンバーが発表されたら、ひとり落ちて長瀬くんが正式のメンバーになってた・・・私は特にTOKIOのファンではなかったけど衝撃でしたね。理由はわからないけど、落ちた子はやめていったみたい。今思うとジャニーズはリアルサバイバルゲームだな・・・って(わざわざサバゲーに行かなくてもいいのにね)この話は前にも書いたかもしれないけどね。TOKIOもV6もたくさんつらいことを乗り越えて今がある・・ほんと・・クミコさんの言うようにこれからの二十年JUMPもそんな歩み方をしてほしいね。『平家派』で最後に歌った『グラジュエーション』最高でした。踊りは・・・・・がんばってたね(笑)ヒガシくんも収録のあとのブログで『四十のジジイががんばった』ってたたえてました・・・ほんとに彼は口が悪い(笑)
2014年03月22日(Sat) 10:31
編集
Re:Johnny'sおばさんサマへ
観ましたか~(^_-)-☆
東山くん、そんな事言ってたんだ(笑)
ワタシは「城島はキャバ○ラだから(笑)」で、爆笑。
彼は、常にキラキラ☆アイドル貫いてるけど、
年を増すごとに中身は面白い人になっていくよね。

TOKIOって最初は小島君て子がいて、
長瀬君は助っ人みたいな感じでレギュラーでは
無かったんだってね。ワタシは知らなかった~。

国分君は実はキーボード未経験だったって事にもびっくり。
城島くんから「この楽器しか残ってない」って言われて、
彼の「これが最後のグループだと思って必死にやった」
って、気持ち。やっぱり、グループがどんどんできて、
そのたびにメンバーが少しずつ変わっていくのは
辛かったんだろうなって思ったよ。

踊り、最高だったよ、足、あがってなかったね(笑)
でも、キラキラ☆と「今」が輝いてるし、
気づけば、みんな朝帯昼帯のメインじゃん!(笑)
平家派の野望、叶ってます。
たゆまぬ努力の結果だよね。

JUMPの20年、どんな歩みになるのかな。
ワタシ達も元気に見守り隊ですね(*^^)v

ちなみに、TOKIO結成は1990年。
ゆーやんが産まれた年・・・。
やっぱり、すごく長い道のりだったろうなあ~(笑)
2014年03月22日(Sat) 15:18












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL