まわり道でも、道にかわりないから・・・ 情熱☆JUMP

~高木雄也くんへのエールと、打たれ弱い(?)母さんのツブヤキ~
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP髙木 雄也 ≫ 「Dr.DMAT」 第2話~♪

「Dr.DMAT」 第2話~♪

こんばんは(*^_^*)

With編集部より~。
1月28日発売のwith3月号はJUMPのカレンダー
撮影の舞台裏メイキングカットが載るんだって。

ちねさん、光くんのサプライズハピバも紹介されて、
4ページの特別企画だそうです(*^^)v

そういえば~!
カレンダーもあったよね。

ゆーやん、撮影の時はまだショートじゃないよね?
Withも、カレンダーも楽しみドキドキ~。


そして話は変わり・・・今晩はDMAT2話だった!
リアタイで観て、お風呂入って、リピ。
イケてる!ゆーやんが、グッジョブしてる!

パックシートを顔に貼ったまま、
画面を写メる、危険なヲバ。
夫が「何してんだ~?」と訊いてきたので、
しごくナチュラルに「え?」振り返ったら、

本気で、ビックリしてた((((((ノ゚⊿゚)ノ

ホラーだって(笑)

第2話も、現場は小松隊員のセリフから始まった~。
これは定番化して欲しい~。
そして、今回、たくさんセリフがあった。

小松ゆーやんはスラスラと現状報告してる。
少し急いだ感じで言うけど、聞き取りやすいピッチと
魅力的な声♡
隊長の「ハシゴ車が到着次第、至急救助を開始する!」
のあとの、ゆーやんの全力のコクリに萌え。

また、ゆーやんが漏れ出してる~。

クレーン救助、もしも、小松隊員じゃなかったら・・・
と、少し心配してたんだけど、やはり小松君!

かがんで、女の子に向かい、
「大丈夫!先生もお友達も必ず助けるから。」
このセリフの言い方も、ゆーやんぽくて、やさし~くて、
またしても、ダダ漏れ。「お友達」って部分が特に。

凛々しい小松君、第1話より、かなり成長してるような気がする~。
テキパキと場馴れしてる感じが。

小松「2階の床部分が抜け落ちました!」
隊長「急いで要救助者をみつけるんだ!退去命令が出るかもしれない!」

小松君の「了解!」の、表情がめちゃめちゃにかっこよくて~、

目力が、強くて、クラクラ。これには、負けた!吐血。


あと、室内に救助に入った時、
隊長「意識レベルは!?」
小松「意識レベル30!」ガスマスクを装着してるけど、
声はゆーやんだよね?

うまく写メれなかったので断念しました~。
ラストはスト-リーに滂沱の涙。

ホントに泣いたりニヤニヤしたり、忙しいドラマです


第3話は、コミックで読んだ事があるようなストーリー。

TV誌をスタ読してみたら、昔、響きが命を救ったことがある、
パティシエさんが今度はエレベーターに挟まれてしまい・・・。

あー、もう、すでにハラハラする。






<今日のツブヤキ>
3話は、火災じゃなくて事故なのかな~?
小松君の出番が、ありますように。
煤だらけのゆーやん、
毎週、楽しみにしてるよ~。



あと、みやこちゃん、迫真の演技だったね~。








いつも拍手ありがとうございます!コメントも嬉しいです、ありがとう
スポンサーサイト

Comment

編集
DMAT・・・よかった!!ストーリーももちろんよかったよ。でも・でも・・でも・・・ゆ~やさんが、サイコー!!一話も二話もゆ~やさんのセリフから始まる・・・ずっとそんなふうに始まってくれないかな(切望)災害現場では、てきぱきと動き子供には、やさしく話しかける・・・そんな姿を見ているとなんともいえず心がキュンキュン苦しくなるほどです。それほど迫真の演技といえますよね。小松くんや南部くんを演じてる彼は、少し私たちから遠くに行ってしまったような気がします。ゆ~やさんが演じているということを忘れてしまう・・そんな木曜の夜です。
2014年01月17日(Fri) 21:37
編集
Re:ジャニーズおばさんサマへ
こんばんは☆第2話、観れましたか~?
毎回、現場での始まりが、ゆーやんの声だといいな~。
低くて安心感がある声。
落ち着いて状況を報告したり、子供には優しい声音で、
話しかけたり~。
これは、だれだ?
小松くん?ゆーやん?MIXされてて、戸惑います。
今までよりも更に、演じる楽しさを知って欲しいです。
ちょっと、そう、淋しいけど~(*^_^*)
ま、そのうち大きくなって戻ってくるよね(笑)
木曜日ってテンションダウンな曜日だけど、
週後半を乗り切るパワーを貰えそうです(*^^)v
2014年01月17日(Fri) 23:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL