まわり道でも、道にかわりないから・・・ 情熱☆JUMP

~髙木雄也くんへのエールと、打たれ弱い(?)母さんのツブヤキ~

 

P誌・11月号

陰陽屋へようこそ、観ました~。
ちねさん第一話から色んな表情がてんこ盛りでした。
ほっこり系のドラマなんだね。ホッペも、楽しんでたよ~。
裕翔くんの「東京バンドワゴン」も、楽しみにしてます。

どっちも原作を読んでないのですが、充分、楽しめそうな予感(*^_^*)



duetと同じく、POTATOも読み応えありました~。
フォトは、チャラ木さんに見えるかもだけど、実はduetよりコッチの方が好き!
繋いだ手、ピョンな足♡カワイイ23歳&隣のハタチ:*:・( ̄∀ ̄)・:*タマラン:

記事は、

「全国ツアーであらためて、メンバー同士の絆を感じた出来事とは?
普段の生活の中で人と人とのつながりや縁を感じる瞬間、
最近のすてきな出会いなどをトーク!」

その中で、光景が浮かんでしまう部分、好きな部分、面白かった部分を。


やぶくん。

このあいだ、姪っ子が生まれたよ。もう本当にかわいくて仕方ない♡
これは最高にしあわせな出会いだね。・・・でも、将来「山田くんの方が好き」
とか言われたらどうしよう・・・今から心配(笑)


伊野ちゃん

全国ツアーで地方に行くとみんなでご飯を食べに行ったりするんだ。
9人だと同じテーブルを囲んだとしても両端の人は結構な距離があって。
それでも近くに座ってる2、3人だけで固まって話すのではなくて、
みんな一緒の話題で盛り上がったりする。もしくは、両端にいる2人が会話してたりして、
「今、会話しなくてもよくない?」と思ったり(笑)


光くん

恋愛では友達の女の子が恋愛対象になることもあると思う。
オレの場合はおおらかで面倒見のいい場面を見た時かな。たとえば一緒に食事に行って
店員さんの態度が悪くても「何か事情があるんだよ」って思えたり。
料理の提供が遅くても気長に待てたり。オレ自身がそういうタイプだから、
そういうコと一緒にいると、どこか安心するのかもしれないね。


大ちゃん

全国ツアーの福岡公演のあと、中華を食べに行ったの。そこでゴーヤが出てきて、
みんなで「苦い苦い」言いながら食べてたんだけど、
その光景をたまたま山田がムービーで撮影してたんだよね。
で、ホテルに戻ってから山田がなんかニヤニヤしてるなって思ってたら
「これおもしろくてさ」って映像を見せてくれたの。それが最高でさ!特に高木。
ゴーヤを口に含んだ瞬間、赤ちゃんみたいに「うえ~」って顔してるんだよ(笑)
で、ひととり爆笑したあとに「こう見るとオレらってホントに仲いいよね」って話をして、
これを絆っていうのかどうかわからないけど、あらためてJUMPの雰囲気とか空気って
いいなって思ったよ。


ゆーやん。

「今回のツアーは、期間が長かったでしょ。だんだん気持ちがダレちゃいけないって事で
別の仕事で集まった時に、メンバー内から自然に「もう一度しっかり固め直そう」って
意見が出て、リハをやり直したんだ。
そういう事は初めてでそれをやったことで常に新鮮な気持ちでライブができたと思う。」

長かったし、間も空いてたからモチベーションを保つのは大変だったろうな~。
でも、そんな努力があったから、素敵な魂になったんだね(*^^)v

恋愛に関する部分は、伊野ちゃんも意見が合うようで・・・( ´艸`)
2人の「いい」が、重なったりしたらど~するのかな?
きっと好みのタイプは違うかな?2人の「いい」がどんな部分なのか、
そこのところを、もうちょっと、いえ、かなり詳しく知りたかったです(笑)


「ジャカジャカJUMP」での「いたずら」の部分

ゆーやんは、最近いたずらしてないそうで・・・大人になったから(笑)
以前にしていた「シール系のいたずら」なんか、地味じゃない?

そして、やはり地味に困る・・・ヽ(;´ω`)ノハガレナイ・・・。

しかも、してるじゃん( ̄□ ̄;)裕翔くんの携帯にやったとか~。
同じコーナーで言われてるし(笑)






<今日のツブヤキ>
それから最後に、山ちゃん・・・・お願い「ゴーヤ食べてるゆーやん」見せて~(笑)






いつも拍手ありがとうございます!コメントも嬉しいです、いつもありがとう
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Johnny's News
ようこそ、ご主人様
クミコ☆にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR