021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

妄想族の独白・本章

どんどんカッ飛ばしていきます

高齢だけが理由じゃないと思うけど、母子とも危険状態でなんとか産んだワタシ。
産後の肥立ちも悪く衰弱状態。ババに、やられっぱなし。

「1人目から里帰りなんて、このあたりじゃ聞いたこともない。」の一言

「まだ目が見えないのに、母親が誰だか分かるわけない。分かるまでは『乳母』だ(笑)」。
息子が泣くと「乳母や~ミルク!」「世話ががり~オムツ!」と笑いながら呼ばれた。
これが、イチバン、心の傷になった・・・・。今でもね。

毎日、必ずワタシに質問する事
「これで、大丈夫なの?アンタに分かる訳ないんだから誰に確認したの?」
「ホントにお乳は出てるんだろうね?」
「昨日は何回、何時に何㏄飲んで、何時に何回おしっこをしたか色は?うんちは何回したの?」

沢山出てた母乳は、徐々に減り、ミルクと混合に。
貧血と寝不足でフラフラ。育児ノートを見ないと夜中の分まで全ては暗記で答えられず、
また叱られる。「まったく頼りないね!何かあったらどうするの?」

外に泣き声が漏れると、電話がきて「なんで泣いてるの?え?分からないじゃ困るよ!」
寝起きなどにグズっても、ベランダや庭であやす事もできず、窓が開けられない。

リタイアした嫁友さんが、お祝いに来てくれた時は嬉しかった。
それが気に食わないババは、近所のババ達を連れてきた。
嫁友さんを、完全に無視して、連れて来ていた子供を囲んで嫌味を言う。
「ジジとババが淋しがってるよ可哀想に。孫の顔ぐらい見せてやればいいのに!」

引き上げていった後、能面のような顔で座っていた嫁友さんが、ぼそり。

「お宅を見てると、私は辛抱が足りなかったのかな・・・って思う(-_-)」と、(汗)。

待望の、初散歩はベビーカーで15分だけ。近くの公園をまわる。
歩く道も決まっていて、少しでも遅れるとジジがチャリで捜索にくる。
「お~い、ばあさんが心配してるぞ!」って(笑)。

買い物も道が決まってて、預かってはくれない。自分さえ信用できないから。
車は運転していたけど、出産してからは、「アンタが運転したら、この子は必ず死ぬ!」
と断言。必ず死ぬって・・・、呪いを・・・
毎回、健診も、スーパーの買い物も出かける時はタクシーで移動。

4か月経過した頃、「ね~、赤ん坊って、いつになったら母親が誰か分かるの?」って、
また真顔で訊かれた。

そ~~んな状況、続くわけないじゃん(笑)
身体の回復とともに、キレましたよ。
まずは、「忙しい」「みんなやってる事だ」「子供1人ぐらいで・・」と、言って逃げてた
ダンナにね(笑)。

飲んで帰ってきたダンナがね「何時にミルク飲んだの?」と訊いてきた。
アンタまで、ホントに関心あるんだか無いんだか、口ぐせみたいに訊くのか・・・。
もう、許せない!完全に、キレターーーー!!(怒)

片手で息子を抱いて、育児ノートを天井に思いっきり放り投げて、
「そんなに気になるなら、毎日、ノート読めばいいんだよ!!偉そうに、人に訊くな!」
って怒鳴ったら、ダンナがすごい勢いで、息子を奪った。なんでだろう??(・・?

なんと、育児ノイローゼだと思ったらしい。そう気がついたら笑えてきた。
ソファーに腰かけて「もしかしてワタシが育児ノイローゼで、この子に危害を加えると思った?
苦労して産んだこの子を?欲しくてやっとできたこの子に?とことんバカなんだね。」

息を、ふか~~く、吸い込んだワタシ、

「アンタとアンタの親が、大っ嫌いなんだよ~~~っ!!なんなの!?この家の人たち!
私をなんだと思ってんの?偉そうに、命令ばかりして、アンタら大嫌い!サイテー!」って。

そしたらダンナが、「・・・これ以上俺にどうしろっていうんだよ!」なんて、ふざけた事を言う。

「あのね・・・それは、ちゃ~んとやってるダンナが言うセリフ!アナタには言う資格ない!」
と言い返したら、ダンナも「だよな・・・今まで任せっぱなしで悪かったよ。」って。
そこから、話し合う。どれくらい、困ったババか。どうするべきか。

「俺だって分かってるよ。だけど、そういう性分になってしまった原因も考慮してくれ。
長年苦労してきた挙句に、未だに自分の楽しみも見つけられない可哀想な親なんだ。」と。

「知ってるよ!だから我慢してきたんだし。だけど、ワタシも同じような母親になればいいの?」

「そうじゃないよ、俺の母ちゃんみたいには絶対になって欲しくないよ!不幸すぎるだろ!」

この話し合いから、ババについてハッキリとダンナにも言うようになり、風通しは良くなってきた。

まず頑張ったのは、公園散歩の15分や外出時間を、徐々に長くしていったこと。
そこで、やっと、嫁友さんとの交流が始まるんです。


いよいよ、OVERです。
「ほら光が見えたよ、悲しみIt’s over♪」ですよ。











<今日のツブヤキ>
また、各局の「Vampire」をリピってますが、ワタシが一番好きなversionは、
フルでもなく、腰回しでもなく、「MJ」のクリアな映像の「Vampire」でした。
何回観ても、飽きない~。光君の後ろに映る、雄也君のキリリ顔。
間奏の華麗なスライドステップから~のターンはね、ちょっぴり亀ちゃんが入ってる(笑)。













いつも拍手をいただき、ありがとうございます!
コメントも、いただけたらとても嬉しいで~す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

あ~・・これはわかる。
ウチも長女が赤ちゃんの時は、完璧に私なんかに育てられないと思われてたからね。私、身体がダメで母乳を止められたの。まず、そこからイヤミ。このころね、義母もちょうど更年期でイラついてて、今とは違う人だったな。義母も義姉もすごくかわいがるの。連れてっちゃうでしょ。ミルク持ってきてーって呼ばれて、終わったら、その辺に哺乳瓶が転がってるの。泣いて困らせたら、返すってー。そのくせ、泣き声が聞こえると、やっぱり来る!!子供は泣くのが仕事なんだよっ!!旦那はまーったく独身時代と変わらない。パチンコにもゲーセンにも行くし、ちょっと頼むって子供を預けたら、5分後にはババが抱いてるi-191
子育てより、違うノイローゼになりそうだよね。
それに、ウチはジジババも待てない人だから、まだ赤ちゃんの子供に「ちょっと待ってて。」っていうことも・・・。子供より、ジジババ優先。うるさいから。よく怒られたし、イヤミも言われたし、旦那は赤ちゃんだしーi-192
あとね、義姉の子供は10歳違いの娘なんだけど、この子が頭がよくて、よく比較された。信じられないほど過保護に育てて・・ホント、見てたら普通は呆れるよ・・。私にもそのくらいやれって言ったけど、無理!ま、慶応の法学部出たけど、結局、仕事がつらくて半年で出社拒否になって辞めて・・弁護士になるために勉強してるって言ってるけど、早い話がフリーター。私の子供の方が、よっぽどしっかりしてるよ!・・・頭悪いけど・・・。
あのね、忘れちゃう人はすぐ忘れるの。いつまでも覚えてるのは性格。私、こういうことに関しては、かなり記憶力が良い。嫁に来てからのこと、全部話せる自信アリ(笑)。根に持つから~・・・。あれ・・クミコさんも??(笑)

Re: カフェミントさんへ

そうさ~、忘れないよ!
我慢しないで、反撃していたら違っていたかもしれない。
育児ノイローゼというよりも、徹底的にダメ出しされて、しょげきってたよ。
ババ的にはそんな、うなだれた自信を失った弱々しい嫁が理想だったもよう。
ホントに、次から次へと思い出すよ(笑)。ババ語録。
妊娠中は「太ったオバサンみたいだね!」
産後は「子産み女は何を着ても構わないから、もう服はいらないよ!」
その他、
ババだけが鍵を持っている物置にベビーカーは片づけられ、時間やら天気が
気に食わないと「今日は出ない方がいい」って、用事あるのにベビーカー出して
くれない。それでも、抱いて行ったけどね(笑)。

ゴミ集積所の我が家のゴミもチェックしてたな。ベビーフードを使ってないか調べる。
リンゴジュース粉末のサンプルを飲ませてみたら、ばれた。そのせいで毛が抜けた
と1週間毎日言われ続けた。
昼間言われた事に腹が立って、どうにも眠れない夜は、ハラワタが煮えくりかえって、
胃のあたりが、本当にカーッと熱いの。夜中3時ぐらいなんだけど
「今すぐ言い返してこないと気が狂う!」って、いてもたってもいられない。
今から母屋に言いに行こうかと考える。結局ね、ダンナを起こして訴える。
うちのダンナも、飲み会、パチンコ、ゲーム大好き。
地元民だから、青年団&消防団育ち。もうOBだけど、つきあいが忙しい。
「バカレア」じゃなくて、「バカボン」ですわ(笑)。



読んでて、わたしまではらわた煮えくりかえった!そんな酷いこという人がいるんだね。クミコ☆さんはよく耐えてきたよ。私だったら、絶対に耐えられない!
いろいろ干渉するお姑さんはいるけど、なんか大映テレビのドラマで主人公をいじめる人物になれるくらいの強烈なキャラクターですね。
これからは、ここで、いっぱい吐き出して、ストレス発散できればいいね。

『本章』・・・心して読ませていただきました。が・・・このストーリーは、昭和の、初期ですか?違うよねこんなにつらい思いで子育てしていたんだね。心が壊れてしまうよね。良く、我慢したね・・・体調も崩していたんじゃないの?その頃は・・・うちの姑は孫が、命みたいでね。私は母乳が最初からぜんぜんでなくって、ミルクだったので、夜は、余りおきなくてもよかったので「お母さんが夜寝れるように」って自分が長男を連れていっちゃってました。頼んでもいないのに・・・ね。そんでもって『私が孫の面倒を見てる』って自分の友達に自慢するの・・・良心からだろうって思ってますけど、当時は、そんな風には、思えなかった。お嫁にいって、頼りになるのは、旦那さましかいないよね。子育てってほんとに大変で、ノイローゼになる人の、気持ちわかるもんね。(クミコさんはそうならなかったのは、すごい)この時点での、ご主人さまは・・・・だめですね。妻に母親を、理解してくれって言う前に母親にいうべきでしょう?子育て中は情緒不安定なんだから、少し気を配ってくれって・・・妻とわが子が一番大切じゃないの?・・・でも、きっと次の展開では、良い方向にいってるんじゃないかな?よきご主人様に、変身って・・・・つらいこと全部ここにはきだしちゃえ~~みんな共感できる人ばかり・・・少しは気が晴れるってモンよ(笑)しかしクミコさんのお姑さんは自分がつらい境遇だったからか、かなり人間不信になってますね。人が信じられない・・・とお見受けしました。

Re: hiroさんへ

ありがとう~!読んでくれたんだね~って、
半ば強引だよね(笑)。
ババは、酷い事を言ってる自覚が無いんだろうと思う。
いつも、笑顔でこういう事をズケズケ言うんだよね。
だから、ワタシはその場でリアクションに困る。
本当に悲しかったらその場で泣いてしまっても良かったかもしれない。
けど、本気で泣いたり怒ったら、たぶん・・・、
「ぷっ!冗談で言っただけなのに。」と、それも笑われそうな感じ。
今はね、ワタシがそのままそっくり返してるよ。笑顔でね、返事して、
いうこと利かないの(笑)「ガンジー嫁」なんで、逆らわないけど言うことも利かない。
歳とともにね、気が短くなってきたババがキレる、それを
「わ~、怒っちゃって怖い」(笑)。という状況です。ひどいでしょ~。

今は、そんな感じでやり過ごしてますが、そこにたどり着くまでが長かったです。
打たれ弱いって意味が分かるでしょ?でも、折れなかったよ。
子供が誕生した事によって、経験した苦しみだけど、子供の為にしっかりしなきゃ!
と、思って乗り切ったよ(*^_^*)。あと少し、お付き合いください。
一緒に怒ってくれてありがとう。スッキリしたよ~!

Re: ジャニーズおばさんサマへ

心して・・・なんて、リモコン片手に雄也リピしながらでいいんです(笑)。
ワタシがそうやって打ってるんで。スイマセン(^_^;)。

ホントに何時代の出来事??でしょ。韓流にもないストーリ?でもこの辺では
多少は違うけど、同じような経験をしてる嫁友さんがほとんど。
どこの家のジジババも、出て行かれても何がいけなかったのかなんて、考えた
事も無く、ただ「今時のモンは、当たり前の事ができない」と、言ってます。

そうなんですよ~、分かります。産後特有のメンタルなのかな?
人の善意を不快に受け取ってしまう自分が悪いとか思ってしまうんです。
体調も悪かったですよ~、離乳食を出汁から作っていると、立ちくらみ。
両手は腱鞘炎、髪は脱毛。いつもの美容院に行っても、シャンプーのみで帰って
休んだ方がいいって、見送られる始末。
ダンナ、ダメダメ男ですよ!!それこそ、昔の亭主関白オヤジ。
男なりに余計なアドバイス(?)を、貰ったりしてたみたい。
「最初が肝心ですよ!」みたいな、くだらないプライド(怒)。
今はそんなプライドは潰してますけど。ワタシより、周囲のおかげです。
園や地域の催しにどんどん参加して、ママ友さんやそのダンナ様(みんな若い)
から、影響を受けた事が良かったかなと思います。
今になって寂しく思ったりしますけど、息子を「父親っこ」にしたのも
良かったかな。物心つくまでは、怖がって抱っこもあまりしなかったダンナ
ですが、歩き始めて(*^_^*)寄ってくるようになったら、もう、メロメロ。
40過ぎての子ですからね。孫みたいですよ(笑)。ワタシも、休みの日など
「いい?お父さんのソバを離れるんじゃないよ~楽しい事があるからね!」
と、パチンコに消えるダンナを阻止(笑)。父子で公園に行ったり、釣り堀に行ったり、
健康ランドに行ったり(笑)。連れて歩くようになりました。
ババに関しては、ワタシの代わりに自分が関わってくれるようになりましたけど。
まだまだかな・・親だからね。かといって、捨ててくれとも思わないし。





trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

海に行こう

最新記事

最新コメント

ヲ友サマへのリンク

Johnny's News

ようこそ、ご主人様

クミコ☆にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR