Y's Journeyフランス最終回②

 19, 2012 14:27


「海、見なきゃ!」って、嬉しそうな侑李くん。
革ジャンを脱いだので、ハーパン&ビーサンの違和感が無くなり、
俄然、海ver.な、ゆーやん。

駅から外へ、ズンズン早足に進みます。外は、明るい陽射しが照ってます。

ゆーや「あ~、天気がいい~~!」手を太陽にかざす(笑)。
侑李「う~わ、どこだ海~!」声が・・・、裏返ってる( ´艸`) 

辺りをニコニコ眺めながら、都会だな~、ヤシの木みたいな木、立ってる!
ほんとだ~。も~、最高じゃ~ん!と、話してる。 2人とも、瞳がキラキラ。

ナレ<この旅、最大のJUMP!気持ちの昂ぶりが抑えられない!>

記念撮影しましたが、確かに、最大のJUMPです。(笑)


ナレ<ここニースは地中海に面したフランス南東部に位置し、
                   フランスを代表する世界的なリゾート地>

侑李くんも、ジャケットを脱いで夏Ver.に変身!(笑)
ゆーや「行くか!ゴールは地中海だから。」   
侑李「そうだよ!まだゴールしてないよ~、行こうぜ!」
                 「ぜ!」が、 少年ぽくて、可愛い言い方。

歩き出した2人。

侑李「ちょっと、喜ぶの早かったんじゃないの~!?」(笑)

ゆーや「そうだよ、ニースに着いただけでテンション、ガーーッ!あがったね!」

侑李「ああ~、海が楽しみだ~~!」(笑)    ゆーや「海だあ~~!」

早足で、早くも息切れしながら話す、ゆーやん。同じペースでも、息切れしてない侑李くん。
もうすぐゴールだね~から、何故かインタビュー形式になった。(笑)

ゆーや「どう!?」  侑李「そうですね・・・、やっとここまで来られたね。」
ゆーや「そうだね、やっと来れたって感じ。」   侑李「はい。」

ここで、信号待ち。

腕を組んで、ゆーや「やっとだよな~、ほんとに。」もう、しみじみ。

侑李「海を見る為に、こんなに苦労した事はなかった。」普通は、そう。

ゆーや「でもさ、そーやってさ、は~、苦労した分、
           やっぱ、最初、勉強したじゃん?苦労したら最高の物が見れる。」

侑李「そうだね~。」   ゆーや「うん。」

信号が青に変わって、歩き出します。

ゆーや「だから、今回も、こんだけ歩いたから、さいっこうのもん、見れるよ。」

侑李「見れるよ!フッ、見れるよ!ぜったい!!」  ゆーや「見れるよ!もうすぐだ。」

この時のキッパリ言った、2人の表情も最高のもんでした。(笑)

ナレ<すると!>

ゆーや「あ!なんか、あそこから先さ~。」 侑李「あ!」
ゆーや「町じゃなくなってる!」    歩く速度が、スピードアップ!

うあ!来た~??もしかして?海?…海かな?来たんじゃない!?急ごう!
更にテンションがUPの2人は、ついに駆け出した~~。

ここから、いよいよ愛する「雄也走り」の見納め(泣)

ナレ<自然と、走り出す2人!ゴールまで、あと少し!>
                      
侑李「あ~、海だぜったい!あそこ、海だ!」 リュックを抑えつつ、安定のフォーム。
ゆーや「ぜって~海だあれ!」 スカーフを手にバタバタ走りつつ追い上げる。
ゆーや「知念!もうすぐゴールだ!」  追いついて、侑李くんと並んで走る!
侑李「お~。もうすぐ!」  とうとう、 海岸沿いの道まできました。

ちょっと、海岸線沿いの景色が江の島~辻堂っぽいよ(笑)

ここで、信号待ち。ゆーやん、スカーフを外して2人で目隠し(笑)

ゆーや「ちゃんと見たくない?ギリギリまで、行こうコレで!よし!」 

素直にスカーフに潜む、侑李くん「早く、青になれ!」

ゆーやんの、腕の中~~。腕とゆーか、フェロモン地帯に潜入というか。

ワタシなら、あまりの「雄也度数」の高さに、酔っぱらってしまうかも。

泥酔の前に・・・せめて3分は酔わずにいたい。せめて1分・・・。

酔いから醒めても、どうか憶えていますように・・・。

今まで見た中で一番の接近現場!見たり。ずるいよ~(泣)ずるすぎ。

なので、侑李くんとワタシ、ここから入れ替わります!(←妄想で)

ゆーや「2人で、一緒に見よっ!」  信号が青になって歩き出す2人。

ゆーや「行った行った。まわりから変な人だと思われるよ。フッ。最後の最後に。」

侑李「いいよ、もう!」   ゆーや「え?・・・もう、いいよな~」  

侑李「モン・ブラン見ながら、変なことやってたんだから!」

横断歩道を渡り終えた2人・・・・ゆーやんが・・・・、
              紫スカーフで、顔はまったく見えませんが、

「そろそろいく?いくよ?いい?いくよ?」乱れた呼吸で、萌え散りそうな問いを・・・・。

苦しい、ここでとどまるのは、苦しいけど、もう黙る。
ワタシの心中を察していただけるなら、さらっと、読み流して下さい。
同意な方は拍手下さい(笑)。


ナレ<そして!いよいよ2人の目の前にゴールが!>

ゆーや「いくよ~、せ~の、バッ!!」  スカーフをパーッと外した~。

2人「うおーーーーーーーーっ!!」  侑李「海だ~~!!」

ゆーや「ヤバい、イチバン大きい声だしちゃった!」(恥)

海岸の、真ん前まできました~。侑李「人、めっちゃいっぱいいる~!」

やっと来れた!海だー!と、叫びつつ、砂浜へと降りる階段までダッシュ!
階段を駆け下りて、あっという間に砂浜!この海岸は、砂ではなくて砂利みたいです。    

ゆーや「はいっちゃおう!入ったらゴールね!」  

海に向かってダッシュ。

ナレ<念願のゴールはもうすぐそこ!>

チャリチャリと、砂利を踏みながら、とうとう波打ち際へ・・・、リュックを下す2人。

ゆーやんは、身支度OKいつでも、ドボン状態(笑)
侑李くんは、スニーカーを脱いで・・・靴下履いたまま??

ザブザブ、ドッボーーーーン!  

ゆーや「うは~~~、冷た~~い!」(笑)    侑李「ゴーーール!」(笑)

この海、イキナリ深くなってて、2人は胸のあたりまで浸かってる。

ゆーや「ゴール!!」   侑李くんと、手を取り合う。

ここはね~、言葉では言い表せない光景です。

2人とも、海の冷たさと、空の青さと、眩しい太陽と、沢山の観光客と、

カラフルなパラソルと、ヤシの木と蘇鉄と、なびかせてる風と。

全部を、全身で、五感で、満喫中(笑)。

抱き合ったシーンも、ここだった~。なんて、楽しそうなんだろう。

侑李くんが、「すでに、溺れかけてる~」(笑)って言ってる。深いんだよね・・・。

ここで、雄也坦は危うく、キュン死ポインツ。不意打ち危険!

ゆーやん「最高!」 同時に、THE・高木雄也って、笑顔。 

あ~、自然の中での「最高!」最高です。

そんな笑顔は・・・・、見せてくれて、ありがとう。

フランス旅さん、ありがとう!ここでUP。いつまで、長引かせるんだ最終回。(笑)




<お返事です>
拍手コメの◯◯さん、初めまして~。訪問ありがとうございます。
雄也坦なのですね~。ヲ仲間のコメ、嬉しいです。
フランス旅、終わってしまってワタシも寂しいです~。
でも、カッコ可愛い雄也くんの大豊作でしたね(笑)。
旅は終わってしまうけど、
ブログは終わらないので、これからも、よろしくお願いします


<今日のツブヤキ>
CONTINUEは、もちろん。「最高!」のゆーやん。


≪ MAGAZINE ≫
◇Hey! Say! JUMP・NYC
◎発売中
*「週刊ザテレビジョン」お正月超特大号
*「TVガイド」お正月超特大号

◇Hey! Say! JUMP
◎発売中
*「TVぴあ」お正月超特大号
◎12月20日(木)発売
*「TVfan」2月号
  →グラビアインタビュー
  →山田・有岡:スペシャルドラマ『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』
         グラビアインタビュー




いつも拍手ありがとうございます。コメントも嬉しいです。励みにしてます
201212191214000.jpg
201212191147000.jpg
201212191149000.jpg
最高のプレゼント(笑顔)もらったね~。目に焼き付けておかないと!
スポンサーサイト

COMMENT 2

洋子  2012, 12. 19 [Wed] 15:04

拍手~っ。
拍手致しますとも~っ。
大拍手よっ。

昨夜メールも拝見しました。内容は分かった、笑っ。
あのね、ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調の後の休憩時間、笑っ。
あの5分後には、ストラビンスキーの火の鳥と、ベルリオーズの幻想交響曲でしたよ。
ねっ、素晴らしいギャップでしょ?
ゆうやんをエンドレスリピしています。
様々な見所、発見していますよ~っ。

Edit | Reply | 

クミコ☆  2012, 12. 19 [Wed] 22:34

Re:洋子さんへ
盛大な拍手、ありがとうございます・・・・(笑)。
昨夜は、ギャップとジレンマでめくるめく夜だったようですね。
たしか今頃は・・・って知っていながらの確信犯でした(笑)。
自然の中であんなに楽しそうな彼。再び目にする機会があるんでしょうか。
これからは、ゆーやんが「海に行った」とか話すたびに、
あの笑顔を思い浮かべるでしょうね雄也坦。

あれこれ、検証してください。決してワタシの妄想では無いハズ。(笑)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?