まわり道でも、道にかわりないから・・・ 情熱☆JUMP

~髙木雄也くんへのエールと、打たれ弱い(?)母さんのツブヤキ~

 

Y's Journey フランス6日目③

フランス1高い山へ行くという、フランス1高いロープウェーに乗り込んだ2人。

ナレ<まずは一つ目のロープウェーで高さ2317mまで行き・・・>

一旦降りて、乗り換え。侑李くんはビデオを回しながら、2人で降り立つ。


侑李「標高何千mの世界です」  ゆーや「もっと登れんの?」

侑李「この倍ぐらいは行きますよ」  ゆーや「え~!」  

ヒーー!!びっくりだねこの景色、すご~い!あそこまで行けるんだね、
あそこまで行っちゃうんだよ~、
頂上&頂上まで繋がっているロープウェーを眺めつつ、歓談。
でも、まだ山を見上げる高さ。

ゆーや「どうやって作ったんだよコレ」      侑李「わっかんない・・・」

次のロープウェーに乗り換えました。しっかり撮影の侑李くん。

後にしてきた、ロープウェー乗り場&崖ギリギリに建つレストランのような店を撮影。

侑李「あの状況、すごいね~。落ちるよあれは。」ぐんぐん登ってるけど、冷静な実況。

侑李「もうちょっとしたら~、雪があるよ。」   ゆーや「おお~。」


ナレ<そして!>  標高3000m  山々には雪が積もってる

ゆーや「うお~~!さむっそ~、絶対!寒い!」 ふと、ゆーや「人が歩いてるよ!」   

侑李「登山家!?」真っ白い雪の斜面を、歩いてる人がポツンと見える~。  

ゆーや「うわ~、あんなとこ行けない、怖くて。」 

アングル閃いた、侑李くん。「雄也越しの~、登山家ー!」

これが、気に入ったもよう・・・( ´艸`)

ゆーや「・・・・・・・・・・。」

侑李「雄也、越しに登山家だよ、越しだよ。びっくりだね、雄也~!」

ゆーや「・・・・・・・。俺も固まってるよ・・・。」


到着!寒そうです・・・。うわ!凍ってるよ!さんむい!と言いつつ歩く2人。
デニムに穴が大きく開いてる侑李くんは、寒いと思う。((>д<))  
 

気温-8℃

ナレ<そして、ロープウェーの次は・・・>

ゆーや「どっちだ?」   侑李「エレベーター!?」


ゆーや「だ~れが作ったんだよ!こんなの!」声が裏返った(笑)

ナレ<なんとエレベーター!なんと頂上へはエレベーターでいっきに上る>

ふと、「すげ~、表示の仕方が面白い」 3776m

侑李「3776m、富士山といっしょじゃない!?
               富士山を超えるよ、歩かないでも富士山を越えられる。」

ゆーや「・・・・・・・。」
侑李「どんどん上がってくよ、3800、3800mを越えましたね、3842!」
止まった。   ゆーや「どんな景色なんだろう?」

エレベーターを降りると、展望台。日差しが眩しそうに進む2人。


侑李「うーーーっ!」    ゆーや「すーーっげー!」  侑李「キャー!高いね~!」


ナレ<その景色とは一体!ロープウェーとエレベーターで登る事およそ30分>

標高3840m  ナレ<そこは別世界!>


ゆーや「すーーーっげえ!」     侑李「キャー!これはすっごいなー!」
ゆーや「なんだアレ~。」          侑李「これ、感動するね~。」
ゆーや「新しい経験、いっぱいしてるわ~。」    侑李「ん~ん。」


冷たそうな風が、ヒュルルーーと吹いてるけど、それどころじゃない絶景!


侑李「飛行機だったらこれより上とかあるかもしんないけどさ~
         こう、実際に自分で来て立つってゆーのはさ、ここがイチバン高い。」

ゆーや「俺もだな~。」

侑李「僕の今までの最高、たぶん高尾山だったかな~。」

ゆーや「フッ、俺もそう。高尾山。」そうなんだ~、2人とも同じ(*^▽^*)

フランスで一番高いモンブランからは、アルプスの山並みが一望できます。

ナレ<目の前にそびえる、モンブラン!髙木は、知念を驚かそうと、アレと出す!>

あ~、いよいよだわあ~( ´艸`)ククク・・・(笑)

白い箱を取り出した、ゆーやん「モンブランを前に・・・
トゥン、トゥン、トゥントゥトゥ~ン♪」

ファンファーレ出ちゃったーーー(o*゜∇゜)o~♪箱open!


ゆーや「モンブラン!!」о(ж>▽<)y ☆     

侑李「・・・・・・・。」(#⌒∇⌒#)ゞ


ジャーン!!BGMまで、ゆーやん協力してトランペットで立派な音楽。


箱の中のモンブランを覗き込む2人。


侑李「・・・何それ?」     ゆーや「シャレてるでしょ?」


侑李「それも、雪がかかってる、モンブラ~ンじゃん!」(笑)


ゆーや「そうだよ。これをさっき、俺は知念からお金をとって!」鼻こすってる(笑)


侑李「う~え~!」ヽ(*'0'*)ツ   ゆーや「買ってきたー。」  侑李「・・・・・・。」



ナレ<モンブランで、モンブラン!明らかに知念は4つ年上の髙木に気を使って
                         驚いてあげたが、一つ問題が!>


ゆーや「食べる?モンブランを見ながら」


侑李「あの、僕、モンブラン、ちっと、苦手なんだよね・・・。」( ̄ー ̄;


ドーーーーーーン!!って効果音入った(笑)


ゆーや「うそでしょ!?」(  ゚ ▽ ゚ ;)      



カメラさん「グハハハハハハ!」「アッハハハハハ!!」2人いる?大うけ・・・。


侑李「こ、あ、あの~・・・コレだけでも嬉しいからさ。」(●´ω`●)ゞ

ゆーやんを見上げて、真摯に悦びを伝え、コクン、頷く(笑)。


ゆーや「・・・・、いや、ダメ、食べよう!」
コクン、受け止めてから・・・強行突破決定(笑)。

さっさとスタンバイに移る、ゆーやん。テキパキ。



「克服!ハッ、無いよ人生れ、こんら事できるなんて、な、無いがらね!」

ちょっと、寒さでこわばって、呂律が回らない感じがカワユす・・・(*v.v)♡



侑李「オッケ、オッケ、じゃ、食べよう!」アッサリ、従うよね、ここは。面倒だよね。

ゆーや「よし!」   侑李「おっしゃーーー!」   ゆーや「モンブラン!!」    


侑李「モン・ブランで!モンブランを食べる!!!」ヾ(@^▽^@)ノ

ゆーや「モンブラン・・・。フッ・・・・。」 侑李くんに仕切らせてる・・・(;^ω^A


たぶん・・・、その後の事はノープランだったよね。


ゆーや「イェ~イ!」     侑李「モンブラン!」  まだ食べない。

カンパイ、モンブラン!同時にパクッと。


ゆーや「おいひ~~!」o(^▽^)o  侑李「あ、おいし、おいし~。」ヽ(゚◇゚ )ノ

ゆーや「最高だぜ~!」   

まじまじと手中のモンブランを眺めつつ・・・・

侑李「まさか、モンブランを食べるとは思わなかったな、ここで。」もう一口( ´艸`)


ゆーや「モン・ブランも、笑ってるよ、たぶん。」食べながら、山を指さす。

も~っ、ゆーやんの可愛さの、真骨頂。この可愛さには、山も笑うさ~(///∇//)

侑李「モグモグ・・・、ほんと。モグモグ。」( ゜∋゜)

ゆーや「なにやってんだ、コイツらって。フッフフフ」(笑)。


2人「モン・ブラン!!制覇ーー!!」 なんだかんだで、侑李君もシャレてると思った?

記念撮影!

ナレ<世界一高い場所で、若干もやっとした、髙木のジョーク>

山を下りて、駅へと向かう2人。


侑李「駅。いい体験ができたね~。」  ゆーや「これから~、まだまだニースに向けて」

侑李「一気に行こうよ!」


4:11PM

ナレ<フランス縦断の旅再会!>

ゆーや「また来るぜい!」(笑)山にも可愛く手を振る、ゆーやん。 

侑李「いいね~、美白だね!美白のシャモニー」

ゆーや「ハハハ。see you! 目に焼き付けとかないと、この景色。」

ナレ<楽しませてもらった、アルプスに別れを告げ、
                 ニースに向かう為、その起点となるアヌシー駅へ>

6:29PM

ココで乗り換え、本来進むべきルートへと戻る。

地図を広げて相談。もう時間がないから~、指さしたのは「グルノーブル」。


この日の目標は、南へ116kmグルノーブル駅を目指す事に決定!


ニースまでは、およそ456km。もうすぐだね~。

列車に隣同士で座る2人。     侑李「もうあと、ニースを目指すだけだよ。」    

ゆーや「どんな所なんだろう。すごいところなんだろうな~。」想い巡らせ中( ̄∀ ̄)

侑李「う~ん・・・海が、綺麗なんだろうな・・・。」  夕日の中を列車は進む・・・。

               ガチャポントークは、あとにまわします。

ナレ<アヌシー駅から各駅で走ること2時間!>

グルノーブル駅に到着。もう、とっぷり暗い。

しかし、テンション高く降り立った2人。ちょっと雨が降ってたぽいね~と言いつつ、

駅の外へ。記念撮影!


ナレ<なんとかグルノーブル駅に着いたものの、あいにくの雨>

リュックへのカバーを掛ける2人。  ゆーや「お揃いみたいになるよ。お揃いやん!」(笑)

侑李「色、一緒だね~。」    ゆーや「うん。」 黄緑のお揃いのレインカバー♡

ナレ<旅慣れてきた2人、突然の雨にもそれを愉しむ余裕があり。>

ゆーや「よしこれで!」   侑李「ランドセルにも、あったよね、こーゆーの。」

ゆーや「フッフッフッ、あったっけ~?」   侑李「カバーみたいな。」(笑)


街へと歩き出す2人、雨が小降りになったみたい。侑李くん、デニムの尻ポケットに

突っ込んだ地図が・・・、バッサバサ(笑)


ゆーや「は~、おなかすいた!」   侑李「な~んだろね、この街~。」

2人の見た感じでは、ちょっと大人な街らしいです。侑李「なんか、あるかな~。」


ナレ<グルノーブルは、アルプス山脈の麓の観光都市。
                   冬はウィンタースポーツの拠点として賑わう>

侑李「ごはん食べよう!ごはん!」   ゆーや「ごはん、たべたい。」

落ち着いた感じの街だけど、何かあるかな・・・

ゆーや「めっちゃいい匂いする!」スーハー!  侑李「ふわ~。」 鼻で探す(笑)


ナレ<とにかく腹ペコの2人、見つけた店に飛び込みたい気分で・・・>

ゆーや「どっち行く?」   侑李「左!」  ちょっと、細くなった通りにでた。

ゆーや「腹減ったーー!!」   侑李「お腹すいたね~~。」



ナレ<すると!!>

侑李「うお!」      ゆーや「シースー!」   侑李「寿司だーっ!」

ゆーや「寿司がある・・・・。」   
満面の笑みで、店内を覗き込む2人・・・・目が(☆。☆)。

ゆーや「すげ、しかも、ちゃんと回転してる!!」大発見!!ヘ(゚∀゚*)ノ  

侑李「回転寿司あんの?こっち?」  ゆーや「うまっそー♡」 
侑李「食べたい・・・。」


次回!!フランスで回転ずし~~??

ゆーや「これ何?シーチキン?」    侑李「メニュー・・・・。」


そして、梨園でお手伝い! ゆーやん、梨のお酒でカンパイ!「クーーッ!!」だって~。



<今日のツブヤキ>
次回は、定番の黒いVネックTシャツだ・・・。番組では、お初かな?





いつも拍手ありがとうございます。コメントも嬉しいです!ありがとう
201211281258002.jpg
201211281441001.jpg
201211281432000.jpg
このツーショットが、当たり前のようになってしまい、2人まとめて可愛いくなった♡
スポンサーサイト

Comments

 
パラグライダーでヘタレぶりを発揮したかとおもえば、モンブランでは、ハイテンション!!ほんとにいそがしい人です。し・か・し・・・・モンブランの山頂で、モンブランのケーキを食べよう・・という発想は、どこから生まれてくるんでしょうか?わたしなら、ワインだな・・・・でも知念さんは、未成年か・・・やっぱり、ケーキ???いつのまにか、電車の移動もスムーズですね。若い子は、覚えが、早い・・・さすが・・・・がちゃぽんトークは後回し・・・ですか??めっちゃ語りたいんですけど(笑)では、その時に・・・・ね。
 
Re:ジャニーズおばさんサマへ
えーーっ!もう、ガチャポントーク完成してるんですよん!
じゃ、UPしちゃおっかな~(笑)
ね~、モンブランって、侑李くんに克服!って、薦めて、
その後の事は、ノープラン・・。侑李くんに言わせておいて、
「フッ!」(笑)ウケてるし。考えたの、ゆーやんでしょうが(笑)。
「モン・ブランも笑ってるよ。」では、あまりにメルヘンで、
カメラさんも笑ってませんでしたね・・・(笑)。


Body

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Johnny's News
ようこそ、ご主人様
クミコ☆にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR