まわり道でも、道にかわりないから・・・ 情熱☆JUMP

~髙木雄也くんへのエールと、打たれ弱い(?)母さんのツブヤキ~

 

Y's Journey フランス5日目③

恩返しも、どーにかこーにか終了。(笑)
外のウッドテーブルを前に腰かける、ゆーやん、侑李、ジャンさん♡
そこへクロディーヌさんが、お茶を運んできてくれました。

「どう?疲れたでしょ?」    ゆーや「ヤー!」

スプーンでカップをくるくるかき回す2人。

クロディーヌさん「動物は好きになった?」

ゆーや「動物は、大きいから怖いなと思ってたんですけど、
                     最後は、途中ぐらいからすごい楽しかった」

ジャンさん「転職して、ウチで働いたらどうだい?」(笑)

ゆーや「フハハハ!職が無くなったら来ます!フフフ・・・。」(笑)

クロディーヌさんと、侑李くんは、ニコニコ。ふと、ゆーやんが訊いてみる。

ゆーや「ここって、街から離れてて…、大変じゃないですか。でも、どうしてこうやって
                沢山の動物たちと、こう、毎日過ごしているのかな?と。」

クロディーヌさん「私たちは、自然が好きなの。煩わしい人もクラクションを鳴らす車もない。
                こうやって、動物達に囲まれながら静かに暮らすのが好きなの」

あたりを見回しながら、話すクロディーヌさん。

ゆーや「最高だね。」 横の侑李くんに。   侑李「うん。」    2人「フフフ」(笑)

侑李「僕たち、まだ18歳、とかだけど、いろいろと・・・
                   何か、縛られた生活に、やはり生きてる気がする」

ゆーや「そうだね。」     侑李「こういうところに、来ると。」

クロディーヌさん「自分で選んでその道に入ったのでしょう?
            人を喜ばせるタレントの道に・・・人を喜ばせるのが好きなんでしょう?」

2人「好きです!」 クロディーヌさんの目を見て、キッパリ即答の2人。
ゆーや「楽しい。」ニコっ。   侑李「うん。」

ゆーや「自分で選んだから、今、続けていられるからね。」 侑李くんを見る。

侑李「うん。好きな事を、仕事としてやれるってことが幸せだなと。」

ゆーや「うん。幸せだね。」

クロディーヌさん「同じよ。私たちも、動物が好きなの。」

2人「フハハハ!」 

ゆーや「すごいよ、だって、こう話しながらも動物が寄ってくるもの。」(笑)
侑李「ね、いっぱいくる。」    
ゆーや「自然だな~、ずっとゆっくりできる、ここだったら。」(笑)
頷き合う、ゆーやんと、侑李くん。  ゆーや「ゆっくりしていたい。」

ナレ<とはいえ、本題に戻ろう!>

ジャケットを着こんで、リュックを背負い、旅立ちの支度を終えた2人。
ゆーや「寂しいけど・・・、行こう。」  侑李「うん。」

クロディーヌさん「動物にも、さよならして!」
ゆーや「そうだね、みんなにちゃんと、さよならしていかないと!」
侑李「そうだね!」

ラマのセルジュくんに「thank you!」ホッペにキスしてもらう。
ゆーやん「くすぐったい」(笑)
侑李くんも、キスしてもらい「ンフフフ~♡」  ゆーや「可愛い!」
ゆーや「バイバイ」  侑李「ありがとう」  ゆーや「みんなもバイバイだね」
侑李「みんな、バイバーーイ!!見てね~、こっちだよ~!」牧場に向かって。(笑)

ナレ<あの子にも・・・>
2人「ニーナ!バイバイ!」 ゆーや「おっ、じゃあね!」(笑) 
黒いワンちゃん、日向ぼっこで伸びてます。
ゆーや「またな!」     侑李「じゃあ、行くか!」   ゆーや「寂しいななんか・・・」
侑李「ちょっとしか、いなかったのにね。」

クロディーヌさんとジャンさんに、挨拶。

ゆーや「メルシー!貴重な体験をありがとうございました!」
侑李「ありがとうございました!」2人とも、深々と、お礼。

ジャンさん「気をつけて旅するんだよ!」

クロディーヌさん「お仕事も頑張ってね、応援してるわ!」

ゆーや・侑李「メルシー。メルシーボク!」お2人と握手。
侑李「僕たちも、好きな事、頑張って、頑張ります!」
ゆーや「また来ます!」 2人とも、片手をあげてガッツポーズ!

2人「メルシー!バイバーイ!」  名残惜しそうだけど、歩き出す2人。

ゆーや「寂しいな~」  

「さようなら!」道に出て、手を振って見送ってくれるクロディーヌさんとジャンさん。

侑李「なんか、焦ってた気持ちがさ~、無くなったっていうか。」   ゆーや「うん。」
また振り返って手をふる2人。小さくなったけど見送ってくれてる姿が見えます。

ゆーや「優しいな、ほんとに・・・・。」絞り出すような声です。
侑李「ありがとうございましたーー!」  ゆーや「メルシー!!」
侑李「バイバーーーイ!!」

ゆーや「あ~、何か、凄い、感情が・・・。」胸を押さえてます。  侑李「・・・・・・。」

唇を噛む、ゆーやん。また後ろを振り返る、侑李くん。

2人とも、泣きそう。泣いてる?


ナレ<この旅で初めて気づかされた。

    駅名を間違えて降りるという凡ミス・・・、

    見知らぬ街で、ただただ情けない気持ちだった。

    でも、勇気を出して行動を起こしたことで、優しい人達に出会えた。

    その人たちに、純粋な気持ちで応えようとしたことで、今まで感じたことのない、

    かけがえの無い時間を過ごし、見た事もない、新たな世界を見ることができた。

    たとえ、失敗からでも、前進すれば、そこに奇跡が待っている!>


侑李「(この経験は)日本に帰っていきると思う・・・。」鼻をすすってるんですけど(笑)

ゆーや「いや~、今日は、ニースに向かって、まだまだ続くからね。」(笑)

侑李「海、見なきゃね!」


ナレ<遥か遠いニースを目指し、いざ、前進!!>





<今日のツブヤキ>
この2人は、ほんと~に、相手の目をしっかり見て話すな~と思った。
ちゃんと聞いて、ちゃんと話す。そういう部分、大人。大人というのかな?
真摯です。人と真摯な姿勢で向き合うのね。
「人を喜ばせるのが好きなんでしょう?」ってクロディーヌさんの問いに、
同時に「好きです!」って目を見て真っ直ぐに言い切った2人。感動した。
それから、この年齢で、こんなに夢中になれるものがあるって事は、
素晴らしいな~と、思った。

お別れの時の「貴重な体験をありがとうございました!」って深々と頭を下げる2人。
この若さで、なかなかできないよね。彼らはそれが、身についてるから凄いな~。
それでいて、大人びてない。無邪気(笑)。そこが、魅力なのかな。


そして、シングル発売デビュー5周年、おめでとう!
あまり、○○記念日って気にしないし、覚えない方なんで、あ!って感じですが(汗)

更に!今日は帝劇で、ギネス認定式典が行われたそうで、おめでとうございます!
Yさん、ゆーやんは白いタキシードで参列していたんですね・・・、感無量です。
タキシードまでは望んでなかったけど、スーツ姿のゆーやんが夢でした~。
WSで、扱ってくれないかな・・・。一応、チェックしておきます(笑)。




私信・Hさん、チケットはワタシが持ってますので~(笑)。







いつも拍手ありがとうございます。コメントも嬉しいです!ありがとう
image.jpg
201211140928000.jpg
201211140910000.jpg
セルジュくんにキスしてもらって「くすぐったい♡」の、ゆーやんがブサ可愛くて萌え♡
スポンサーサイト

Comments

 
ほんとに貴重な、そしてすばらしい二人旅です!!一日過ぎる度にステキな目に見えない財産が増えていく・・・そんな気がします。ところで・・・スプーンでかき回している飲み物は、カフェオレでしょうか?フランスってカフェオレってイメージがあるんですけど・・・
 
Re:ジャニーズおばさんサマへ
昨夜は、雄叫びありがとうございました。ワタシのメール、変だったね。
布団の中で寝落ちと共に打ってたので、朝見たら、一部消えてて、意味不明な
事になってました・・。すいません。「私は、ふとんの」です。

「フライング半裸ピーターパン雄也」の、夢は見れましたか?(笑)
飛ぶシーンとやらを、名づけてみました。まんまです。「FHPY」です。
そうそう!やたらかき回してたけど、ワタシも分かんなくて書けなかった~(笑)
カフェオレだよね??あの、丸い大きな缶には何が入ってるんでしょう?
それと、馬にブラシを掛けるシーンは無かった。公式サイトの放送内容、
ビミョーに違う時があります(笑)。未公開映像になるのかな~。
食事も、いただいてるんでしょうか?まさか、すきっ腹?

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Johnny's News
ようこそ、ご主人様
クミコ☆にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR