FC2ブログ

まわり道でも、道にかわりないから・・・ 情熱☆JUMP

~髙木雄也くんへのエールと、打たれ弱い(?)母さんのツブヤキ~
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOP髙木 雄也 ≫ 劇的ゆーやん♡

劇的ゆーやん♡

こんにちは(*^_^*)

やっと、私的初日を迎えました昨日。

絶賛公演中の舞台俳優髙木雄也の一部始終を
見逃したくなくて、血眼で見つめました(不気味)

ストーリーはネタバレになっちゃうので、
あらすじや各誌ですでに公開されている部分のみで。

というか、気をつけて感想を書きますが
どこかでネタバレになってしまうか分からないので
初日はこれからで楽しみにとっておきたい方は
ご注意ください。




背景的にはカトリックとプロテスタントが争う時代。
時代背景など知らなくても楽しめると思いますが
前にちょっとだけ興味があって調べた事もあり
理解して挑めたのは私的には良かった。

その争いが激化してる最中に
劇作家としての才能を持って生まれた
シェイクスピアとマーロウが翻弄されていくってお話で。

背景はさておき(ウズウズしちゃってるんだけど
我慢して書いてみた)

今回は、最前のお席でとても恵まれてまして
超劇的ゆーやんをガン視できました。

事前にお友達から
「グローブ座にいるのは舞台俳優の髙木雄也ですよ」
って教えて頂き、なるほど!と思いつつも
それでもまあちょっとは・・・
Hey!Say!JUMPの髙木雄也の片鱗が残ってるんじゃない?
と思っていたら、衝撃的だった。
良い意味でショックを受けました。

上を向いて観る感じだったんだけど
まだ才能を見いだされていない
田舎の若者って感じの牧歌的なシェイクスピアが
さっそうと登場した姿を一目見て、
口がぽかーんと開いてしまいました。

ゆーやんじゃないじゃん。
シェイクスピアじゃん。

でもでも、確かにビジュアルはゆーやんの魅力満載です。
ピンと伸びた背筋には素朴な中に品がある。
動く度に漂う輝きには華がある。
でもオーラは違って、役柄そのもの。

これは!お芝居をしている劇的ゆーやん。

ためらいなく颯爽とした足運び
長い手脚を存分に活かして舞台に映える
ダイナミックな演技に(泣)

前半開始早々に、隣のお友達の手を握ってしまい
顔をシェイクスピアに向けたまま、うんうん頷くMちゃん。

他の方の台詞のシーンや、横を向いてる時も
ライトを浴びていなくても
展開に合わせて表情がくるくる変わって
細かい演技がキラキラしてて・・・・
ちぇっ!ははーん。うしし(笑)えっ!?
いろーんな表情を豊かに演じてて。
瞳もキラッキラッ輝いてて・・・・
どうしたって目が引き寄せられちゃうわけです。

背中を向けていても漂う演技。
限りなく丸い尻(!)
すんなりした脚(!!)
袖めくりから伸びた下腕または前腕
(肘から手首までの部分をそう呼ぶらしい知らなかった)
あ、シェイクスピアは爽やかSexyでもある。

前半では人懐く屈託無く笑うシェイクスピアの笑顔が
彼にぴったりでそこはアイドルのゆーやんと共通する表情
かな~と最初は思った。
けど、でもよくよくみるとその奥にはちょっとミステリアスな
感じもあり。標準のアイドルスマイルじゃないわけ。

あっ、これは何か裏があるに違いない!

2幕へ。

まんまとホムペのあらすじに翻弄されちゃってる?
違うの!ほんとにほんとなんです。

彼はいつも明るく朗らかで誰もが好印象を持ってしまう
でも、その奥には翳りが潜む。
そんな笑顔に見えたんです。

その翳りの部分が明らかになるのが後半の2幕。
人気作家になってちょっぴり笑顔にも不敵で謎めいた
部分が見え隠れして、でも隠す。
隠すけどだんだんと貼りついた笑顔に見えてくるシェイクスピア。

そこからの
全てを受け止めてくれるマーロウに
貼り付いた笑顔は剥がされてしまうし
とうとう翳りの意味をさらけ出してしまう。
今、これを打っててふと、スパデリのサビがリフレイン
しております。あーそういう感じだったかもって。

その場面も名シーンでした。
ただ、2幕は席の位置的に見えにくい部分もあり、
次回は全体の動きも見易い席なので
じーっくり観てこようと思います。


肝心の声!
劇場自体が程よい感じにこじんまりした広さですが
もう隅々まで響き渡るような通る声で~。
もちろんファンだから「聞きたい!聞き逃したくない!」って、
前のめりならぬ(それはダメ)、えーと・・・耳のめり?で
真剣に耳を澄ませてしまうゆーやん声センサーの
おかげもあるかもだけど、それだけじゃあない!

お腹からの発声の効果がすごい。
元々、聞き取りやすい心地良い声の持ち主だけど
存分に活かせるのは生声なのかなぁ💜
舞台が終わる頃には腹筋がバキバキに割れてるかも?
武田さん、宜しくお願いします!

それにしても…台詞に合わせてコロコロと
笑ったり、ふざけたり、はぐらかしたり、叫んだり
抑揚も音量も声色も変えてくるゆーやん。
長い台詞や早口でまくしたてる台詞の時も
聞き取り難いって事もなく安定してる・・・
きっと、緊張だってしてるだろうし
プレッシャーも感じてるかもしれないけど
とても初舞台とは思えないです。

ゆーやんが楽しんじゃおう♪って思ったら強いよね。
つくづくタフでナチュラルな人だなって思いました。

もし、これに歌声が加わったらー歌っちゃったらさー
ミュージカルやらないかなぁ。観たいな聴きたいなぁ。
早くも欲望が渦を巻いてます。


私的初日は
目も耳も脳も満たされて幸せ♡な舞台でした。

お会いできたお友達とのお話しも楽しかったです。
方向音痴の私ではグローブ座まで辿りつけなったかも(汗)
地図を逆方向に見てた(汗)
お世話になり、ありがとうございました(^^ゞ


ゆーやん!公演回数も折り返しに入りましたが
美声の調子ももちろん
体調を維持して適度にリフレッシュもして
演劇の世界で白鳥のように華麗にエネルギッシュに
思いっきり舞って飛んで弾けちゃってください(*^^)v

楽しんで♪演Joy!縁Joy!




明日のワイドショーはJUMPが出るのかな?
楽しみにしてます♡








いつも拍手ありがとうございます♪
コメントも嬉しいです♪ありがとう
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
久しぶりにお邪魔します。クミコさんが感動と驚愕の思いを書いたこのブログを見て激しく同意をしました。私がシエークスピアに会ってからはや一週間が経ちました。でも記憶が薄れない~新幹線に乗ったのはずっと前のような気がするんだけど舞台の事は鮮明に覚えてる(笑)それだけインパクトがありました。好きになって十年、いったい彼のどこを見ていたんでしょうか?私の知らない雄也さんが目の前にいました。知らなかった事がなんだか情けなく思ったり、嬉しく感じたり複雑でした(笑)でも一つ言えることは今回の舞台を見て彼の無限∞の可能性を確信した・・・ということです。未来が急に開けてきたそんな気がします。ますます目が離せなくなりました。この経験を糧にぜひ次は単独主演の舞台に招待して欲しいね
2018年06月17日(Sun) 00:19
編集
こんばんしゃくー!
『薔薇と白鳥』堪能してきたようですね!
相変わらずゆーやんの観察力、レポ、お上手で頷くばかりでした。
コンサートでは舞い上がってしまい忘れてしまっている部分も多々ある私ですが、私的初日から随分たった今でも舞台でのゆーやんの表情、仕草が思い出せると言うのはかなり印象に残っていると言うことですよね。
ゆーやんは舞台向きだ!と改めて感じ、今後舞台のお仕事が増えればいいなぁーと思いました!
娘も見たかったようで帰って来てからかなりぶーぶー言われました(汗)…私が座った席の並びに大ちゃんがいたからかな~f(^_^;
うん、ミュージカルもいいですね♪
2018年06月17日(Sun) 23:43
編集
Re:ジャニーズおばさんサマへ
こんばんしゃく~☆
いらっしゃいませ~(*^_^*)
感動と驚愕、私も激しく同感です!
ほんとに、かなり熱く見守っているつもりで
いても新しい発見があって。
節穴か!って情けなくなりました(汗)
が、期待を大き~く上回ってくるのが
ゆーやんの魅力でもありますね♡
なので心地よい納得の節穴感←言い方
きらきらした演技に素敵な衣装
カーテンコールでの優雅なお辞儀
目に焼き付いております。

これからも無限∞の可能性をたくさん披露する
機会がありますように。
今回はお会いできなくて残念ですが
次こそお会いできる機会がありますように♪
2018年06月20日(Wed) 22:52
編集
Re:なおさんへ
こんばんしゃく~☆
はい!思いっきり堪能してまいりました♪
一足先に観劇されたなおさんと、
や~っと!語り合えますね(*^^)v

ずっと目に焼き付いているのは
やっぱり、それだけゆーやんシェイクスピアに
心を奪われた証拠ですよね~。
役柄もぴったりで恵まれていた事もあるけど
あんなに魅力的に演技ができる舞台で良かった♡
ゆーやんはステージが似合うと確信しましたよね。

なおさんの時は大ちゃんが観劇してたんだった!
それは娘ちゃんも行きたかったよね(汗)
あの劇場内で同じ空気吸いたいよね(笑)

あ、先日は坂本くんが観劇されたようですが
G2さんに「髙木と共演してみたい!」とか
「歌わせてみたい!」とか、ひょっとして
言ってくれないかな~
なんて、ちょっと期待しちゃったりして(笑)

大盛況で無事に千秋楽を迎え、
これからも舞台のお仕事がきますように。
2018年06月20日(Wed) 23:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL