鼠、江戸を疾る2・観ました。

 21, 2016 23:23
こんばんしゃく~☆

ずーっと待ってた、俳優・髙木雄也。

鼠 江戸を疾る2
第2話「闇の中の光」
飛脚の宗介役でゲスト出演!

これ・・・何回書いても気持ちがよい(笑)


例によってmen'sに邪魔されてリアタイで観れず
お風呂に入ってふてくされました。

まあ、観れたとしてもニヤニヤしちゃいそうだし
しかも、内容からいってニヤニヤするような
ストーリーでは無いから不気味だろうし(汗)

お風呂上がりのヨーグルトとアイスコーヒーを
準備して、いざ、宗介さんに挑みました。

1回観てざっくりの感想を。

やっぱ声がいい。どんな台詞を言っても
響きが心地よいし、どことな~く甘い。
そして、声や表情の使い方が上手になった。

「お嬢様。」も、同じ台詞でも
その時々の気持ちによってちゃんと違うし。

肥え溜めに落ちた話の時は
明るくて笑顔が良かった~、

でもそんな彼は

働きずめに働いて亡くなっていったおっかさん。
貧しい中で死んでいった妹さん。

心の闇が深かったのね・・・。

宗介が刺されてから更にのめり込んで観ました。


原作では暗い過去なんてみじんも無くて
ひたすらしょーもない男でした。

ドラマでは登場しない、お嬢さまの妹と深い仲に
なったり、盗賊だってバレてしまうと
その妹から逃亡資金を脅し取ろうとしたり。
(ラストは鼠小僧次郎吉に成敗されちゃう)

そのままのストーリーでもそれはそれで
悪役なんて滅多にない経験になって良かったかな?
とも思うけど、とも思うけど~やはり。
ドラマのストーリーの方が嬉しい。


うんうん。って泣きながら、
切ない宗介の末期の独白に耳を傾けて
聴き入ってしまいました。
希音さんみたいに、手をギューッと握りしめて
見送りたかったな・・・←バカ

なんだか、マッチのエンディング曲がじ~んと
しっくり沁みた切ない回でした。


お友達からもこんな感想が♪

〇演技が上手くなってて泣ける・・・

〇ちょっとした仕草も
  間の取り方も話し方も惚れ惚れ~♡

〇切ない役がまたキュンとさせる
       いい気分で眠りにつけそう

〇あっという間だった、観てる方が緊張した

〇ゆーやが華奢

〇演技上手になってたね

〇話しをもっと伸ばしてもいい気がした。
  前編後編ぐらいに


激しく賛同いたします。

あ!私の感想をひとつ追加させてもらうと

〇それにしても、鼠小僧さん!
  もっと早く、助けに来ても良かったんじゃない!?

です(笑)


明日またリピします♡
おやすみなさい(*^_^*)






<今日のツブヤキ>
いたジャンは、テレビ誌などに書いてあった
水族館で高木ドッキリの部分がカットされてました。
残念・・・。
いたジャンさんも総集編未公開シーンやってください!

でも、赤ちゃんペンギンにビビるタカキ。
ウミガメの赤ちゃんを「かわい~♡」って
なでなでするタカキ。
オスのウミガメは海に返したら陸にはあがることなく
一生を海ですごすんだという説明を聞いて
「いっぱいさわっとこ♡」のタカキ

観れました♡








いつも拍手ありがとうございます。
コメントも嬉しいです、ありがとう
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?