061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2012年07月09日

妄想族の逡巡

今現在、思うこと。

楽しかった園生活の最後の1年は、ジジが体調を崩してしまい、
介護の1年になりました。

極力顔を合わせないようにしていたけど、病人がいれば協力しないと乗り切れず。
元々、入退院を繰り返していたし、家にいる時は地域活動などいつも忙しくて
留守ばかりだったジジ。でも、在宅の時に、あまりババがうるさく言うと、、
「いい加減にしろよ!もっと、近所との交流をもって、今時の話も聞いてみろ!」
「クミコちゃん、気にするなよ~。」など、言ってくれた人でした。
妊娠を知らせた時、「ありがとう、ありがとう」って、泣いたのもジジ。

ワタシは実父を亡くして3年で嫁いで、またお父さんって呼べるんだ(^.^)と、
結構、なついてたんですよ。だから、ジジの前では正面切って逆らえなかったのもある。
ババは、後ろに隠れるようにして、言ってくるの。「お父さんには逆らえないだろう」って。

ジジが癌だと判明した去年の夏、
入退院に加え、
月~金曜まで週5日の通院、それを6週間繰り返して、計30回の放射線治療。
ババと交代で通い、日に日に副作用で衰弱するジジを励ましつつ乗り切って、
なんやかんや『介護あるある』も、落ち着いてきて「治ったらまた、ババとは戦い開始!」
な~んて思っていたら、今年3月に他界してしまいました(泣)。

ま、葬儀やその後の手続きなどで、かなりエキサイティングな目にあいました。
今度は、風習は違えど、どこの家にも起きる『葬儀あるある』ですよ(笑)。

しばらく来ていた義妹が帰る時に「お母さん、クミコさんと仲良くやっていってよね!」と
言ったら、横に座ったワタシに「フンっ!」ってして、そっぽ向いたんですよ。
そのまま、直らなかった(笑)。
その時には、ちょっとショックだけど、老いたな~とも思った。
昔なら、笑顔で嫌味言ったりしそうだし。もう、ひねりを加える余裕が無いのね。
そのまんまの、意固地な老人。

さて、ごたごたが片付いてみると、微妙な距離感。

最初は、ジジという後ろ盾が無くなっても、私の天下は続く!と強気だったババ。
でもね、ワタシには、顔を合わせないように避けられる日々で、
(ダンナだけは、朝晩送り込んで、会話するようにしてもらいましたが。)
ちょっと、あれ??っと思ったみたいで、たまに話すと、分かるんですよ・・・。
ババの苦悩。
「誰かと話したいんだけど、いない。嫁と話すしかないんだけど、悔しい。
でも、話さずにはいられないぐらい、淋しい。淋しいって事を知られたくない、でも話す」
みたいな。

だからね、目を合わせないようにして、そっぽを向いて、話すんですよ。
ずーーーっと、その日の朝起きてから何をしたか、天気がどうとか。畑がどうとか。

それを見ていたら、なんだか、気が抜けた・・・。
好きとか嫌い関係なく、この人はワタシが必要なんだなって、気が付いて(Jさんと同じです)。
今じゃなくても、この先には必ず必要になるって。

そこで、今の悩み。
普通に接する事ができない。「これまでの事は水に流して、仲良く暮らす」
って、思えないんですよ。今現在も、嫌な事はされてるし、続いてるし。

先日はやっと、「買い物行ってくるけど、食べたい物ある?」って、訊きました。
「う~ん、クリームコロッケかな」だって・・・。「ちゃんと食べてる?」と訊いたら、
「うん、適当に食べてるよ~」と。すんごい、嬉しそうな顔だったよ。
大嫌い!では無いけど、でも、好きにもなれない(-_-;)。
買ってきてあげましたけど。
作ってあげないで、買ってくるところも、なんだかね~(笑)。

これから先、どう接していけばいいのか、ちょっと分からない(悩)。

今日もね、庭で呼び止められて、あれこれ話しは聞いたよ。
こちらからは、話しかける気にはなりません(-_-;)。










<今日のツブヤキ>
ランデブーを満喫した「織姫様」方は、昨夜~本日にかけて、
続々と帰宅だったかな(*^_^*)。おかえりなさい。
Mさん(履歴はYさん?)またお仕事、ガンバレッツゴー!!
D誌、萌え散らかりますね(笑)。


















いつも拍手、ありがとうございます。
コメントも、とっても嬉しいです。励みにしています!!
スポンサーサイト

海に行こう

最新記事

最新コメント

ヲ友サマへのリンク

Johnny's News

ようこそ、ご主人様

クミコ☆にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR